ゲストBOOK

ありがたや...世界の Grateful View

ザンビア


2007年 10月21日 ダルエスサラーム〜カピリムポシ間 車窓にて
線路は続くよどこまでも。アフリカ大陸でも相当長い距離を走る列車、タザラ。
村を通り過ぎる時は、子供たちに手を振り返すのだ。

2007年 10月21日 ダルエスサラーム〜カピリムポシ間 車窓にて
こういう景色を見ていると、どこがタンザニアでどこがザンビアなのか、どうでもよく
なってくる。結局、彼らは昔からそこに住んでいた、ただそれだけである。


2007年 10月22日 カピリムポシ 駅周辺にて
ついに着いたカピリムポシ、もう夕暮れだった。10時間くらいの遅れだ。
ルサカへ向かうミニバスから見たこの日の夕日は、極上にきれいだった。


 
  2007年 10月23日 ルサカ 路上にて
ルサカでは並木通りに真っ赤な花が咲き乱れていた。
タンザニアの紫の花もきれいだったがこれもステキ。アフリカだ。

 
  2007年 10月23日 ルサカ 路上にて
ルサカは思ったよりも発展した都会だった。銀行もたくさんある。
これはこどもの教育についての看板かな。


旅の日記 | ROUTE | VIEW | PEOPLE | キムラ夫婦 | MEMO | リンク集 | ゲストBOOK  to TOP  
copyright: kimurafufu.com 2006