ゲストBOOK

 

トルコ




 
 


早朝にアレッポを出発したバスは、僕らを乗せてぐんぐん走って行く。
さらば中東。僕はipodで朝に優しいBoards of Canadaを聴きながら寝てしまった。

目覚めると、そこにはトルコの国旗が見えた!国境だ。ついにトルコだ!
ここは、中東とも、中央アジアとも、そしてヨーロッパともつながっている国。
つまりここは、アジアからインド・パキスタン・イランと抜けて来た者、
ヨーロッパからおりて来た者、中国から中央アジアを抜けて来た者、
そして僕らのようにエジプトから中東を抜けて来た者、
様々なところから来た、いろんな旅人が交差する国なのかもしれない。
北へ北へと向かっているだけに、ここはもうけっこう寒い。
入国スタンプをポンと押され、僕らはまたバスに乗り込み、
しばらく乗った後、アンタクヤに着いたのだった。

僕らはアンタクヤからアクサライへ向かい、アクサライからネブシェヒルへ、
そこから奇岩の町、カッパドキアと呼ばれるギョレメ村へ向かう予定。
ここアンタクヤで、トルコでの初めての買い物、
まずはアクサライ行きのチケットを買う時、最初の衝撃があった。
19米ドル。2300円くらい。あれっ、バス代ってそんなにするもんだっけ??
ここからギョレメ村まで、単純計算でこの2〜3倍はするのか...?
これまで比較的物価の安い国ばかりを来たせいか、
というかインド・エジプトの感覚が抜けていないせいか、
ヨルダン・シリアで少し高くなったという印象を、さらにに超える感覚があった。
しかし、乗り込んだバスはこれまでとは違って、
清潔で、ウエイターが紅茶をくれるサービス付き。
窓から見える町並みも、どこか長野県の上高地を思い出させる風景だ。
きれいに舗装された道路に最新のプジョーなどが走って行く。
もう、思わず写真を撮りたくなるような珍しい旧車は走っていない。
緊張感が無くなるというか、久しぶりにホッとした時間を思い出したような気がする。
看板などの文字も、アラビックからアルファベットに変わった。
トルコ語なので全く意味は分からないが、
本当に意味不明なアラビックの世界からは抜け出したのだ。
この文字変化の感覚は、中国からベトナムに入った時と似てるな。

アンタクヤからの長くユルいバスの旅を終え、
アクサライでは何故かガソリンスタンドに降ろされた。
ネブシェヒル行きのバス停まで近いとのことだが、どちらか分からない。
途方にくれ、ガソリンスタンドでバス停の場所を聞いてみると、
なんと、たまたまガソリンを入れていた人が、そこまで乗せて行ってくれると!
なんて優しいんだ!トルコのひと!
これはインドだったら間違いなく100%、睡眠薬強盗かボッタクリのパターンだが、
ここはもうトルコ。
そろそろインドの考えは捨てて、好意としてありがたく受け取ることにした。
そして彼らは親切にもバス停まで僕らを乗せて行ってくれたのだ。ありがとう!

アクサライからミニバスに乗って、ネブシェヒルに着いた時はもう日が暮れていた。
ギョレメ村までもう少し!
それにしても極寒だ!改めて僕らはトルコに来たことを確認する。
しかし恐れていたことが当たり、ギョレメ村へのバスはもう今日は終わっていた。
ヤバい。ギョレメ村へは15kmもある。今は夜の八時半、外は極寒、ということで
僕らは仕方なく、タクシーを拾って向かうことにした。
タクシーの運ちゃんは豪快に飛ばしてくれ、あっという間にライトアップされた
奇妙な岩の世界のホテルまで連れて行ってくれた。が、請求金額にまた驚いた。
40トルコリラ(3600円)!
ここ数ヶ月聞いたこともないタクシー代に、100%ボッタクリだと思ってしまったが、
ここはもうトルコなのだ。
もうこれまでの世界とは違う。頭を入れ替えなければ!

しかし、ヨーロッパから来た人は口を揃えて、トルコが安く感じると言う。
恐ろしや...。

(リョウスケ)




ギョレメの朝。
岩のホテルで朝食をとった後、ギョレメ村からバスで少し行き
「ハウルの動く城」のような城、ウチヒサル城を横目に、
そこの近くにある小道から、カジさんと私たちの3人でのハイキングが始まりました。
今日は天気も最高!とてつもないハイキング日和です。

こっちであってるかな〜
ホテルでもらった地図を片手に、目指すはニョキニョキ岩。
迷いつつも、今日は本当に歩いているだけで気持ちのいい日です。
どんどん歩を進めていくと.....
まるでメルヘンの世界に迷い込んだみたい。
ムーミンが住んでいそうな雰囲気。
とんがった岩がニョキニョキはえていて、小さな小窓がついていて家みたい。
そんな岩の家を両側に見ながら、私たちは谷を歩くのです。
谷には黄色い春の花が咲き乱れ、そして春の風が最高に、本当に気持ちがいいのです。

途中、トルコ人の家族に呼び止められました。
どうも家族でこちらもピクニックをしているみたいです。
お言葉に甘えてお邪魔すると、チャーイをごちそうになってしまいました。
ありがとう!
さらに歩き続け、私たちはパシャバー地区のキノコ岩がいっぱいはえているところまで
ついにやってきました。

あれよあれよと歩いていくうちに、
リョウスケたちが山に登ってみようと言い出し、
ハイキングはいつのまにかトレッキングに変貌しました。
人がアリのように小さく見えるくらい高いところまで登りました。
そこからの風景は....
遠くまで渡るキノコワールド。そして地平線....
カジさんが「世界は全部オレのモノ〜!」と言ったのを忘れられません。

帰り道の小道で、またおじさんたちに呼び止められました。
家族で畑仕事をしているみたいです。
今日2度目のチャーイのお誘い。
おじさんの娘たち(中高生くらい)がまたかわいくて、
リョウスケとカジさんは写真撮りまくり!
夕日も沈みかけてきたので、おじさん一家とバイバイし、
再びギョレメ村を目指して歩き始めました。
しばらくして....
歩き疲れたなぁ....
ギョレメ村まであとどれだけあるんだろう....
そう思っていたところに1台の車が通りかかりました。
その車の中の2人の男性が私たちをギョレメ村まで乗せていってくれると言うのです。
またインドでのことを考えると、どっかに連れて行かれるのでは...とも一瞬思いましたが、
トルコに着いたばかりのこともあったし、
いろんな人からトルコ人は日本人に優しいという話を聞いていたし、
大丈夫かも...と思い、 乗せていってもらうことにしました。

運転してくれた男性は、ストライプのシャツを着て
石田純一風にニットを背にかけた清潔感漂う人でした。
男性たちはギョレメ村とは反対方向に進んでいたのに、
私たちのためにわざわざUターンまでして送ってくれたのです。
なんと私たちはヒッチハイクをして戻ってきちゃいました。
トルコ人は本当に優しいなぁ。何でこんなに優しいんだろう?
チャーイもごちそうしてくれたし、車で送ってくれたし....
どうも聞いた話では、昔、海でトルコの船が沈んだ時かなんかに、
和歌山県の人が必死になって助けたのが優しくしてくれる理由らしいのです。
私たちは和歌山県民には頭が上がらない思いです。

今日はトルコの素晴らしい景色と、トルコ人の温かさを感じた日だったのでした。

(リエ)




イスタンブール。ここはヨーロッパとの架け橋の都市。
船から見えてきた景色にワクワクした。
ひとつ、ふたつ、みっつ...
この街にはいくつモスクがあるんだ??
近代的な街の中に、エキゾチックなモスクが自然に溶け込んでいる。
イスタンブールに行くのを諦めて、
ロードス島から船でギリシアへ入る計画も一時は立てたが、
この景色を見るためだけでも来る価値はあったと思う。
僕らは中東の旅を終え、ついここからヨーロッパへ入ることになるのだ。

「ここは旅の終点であり、出発の地でもある」とはガイドブックのパクリだが、まさに!
そして僕らはここでやらなければならないことが山ほどある。
まず、僕らはここまでは完全な無計画で来ることができたが、
ここからは違う!
ヨーロッパは物価が高い。
旅程を計画的に進める旅にしなければ、沈没なんてしていたら
スッカラカンになってしまうだろう。
漠然と「ヨーロッパ」を目指してここまで来たが、
一度入ったが最後、「水1本(ペットボトル)2ユーロ(340円)」の世界に突入なのだ!
まだ現実味が湧かない。何かの間違いじゃないだろうか?
しかし、どうもホントらしい。
ということは、単純に物価がこれまでの世界の10倍と考えていいだろう。
ということは、これまで10日泊まれたところが、1日しか泊まれないことになる。
これはだらだらと旅行する訳にはいかない。ヤバい。
2日泊まったら、これまでの20日分だ。
メッチリ計画を立てねばならないのだ...!
そうこう考えながらも、僕らは久しぶりの都会にキャーキャー胸躍らせつつ、
目星を付けていた安宿に荷物を落ち着けたのだった。

明くる日、イスタンブール名物の「サバサンド」を探しに行く。
海沿いにたくさん出店が出ていて、というかジュージューという音と、
サバを焼く香ばしいニオイですぐわかった。
これが最高にウマい!!!ウマすぎた!!!
本当にサバ焼きだ!これはなつかしい日本の味だ!
ただ単に、サバ焼きがパンにはさんであるだけのものだが、
まあできればご飯とみそ汁で食えたら、サイコーなんだろうが、
このサンドはサンドで、サバの塩焼きをこんな食い方をしてもウマいんだ!
という新発見だった。

とりあえず、このサバサンドと、
貝(貝の中にご飯が詰めてある。これもウマい!!)の屋台はうれしかった。
海の幸はサイコーなのだ....!

(リョウスケ)






旅の日記 | ROUTE | VIEW | PEOPLE | キムラ夫婦 | MEMO | リンク集 | ゲストBOOK  to TOP  
copyright: kimurafufu.com 2006