ゲストBOOK

 

ミャンマー





ミャンマーとの国境の町メーサイで、僕らはタイのビザ最終日を迎えた。
今日他の国に入らなければ、タイに一日ごとに500バーツ払わなければならない事になる。
僕らの予定では、ここからミャンマーに入り、
ミャンマーの国境の町タチレイから、飛行機でマンダレに飛ぶつもりだ。
しかし、旅というものは人生と同じく、予定通りにはいかないものである。
なんと、タイの国境ゲートに入れてもくれないのだ!
どうして?どうしよう?

何度もトライするが、いっこうにラチがあかない。
どうも理由を聞くと、僕らがミャンマーのビザを持っているのが、なぜかいけないらしい。
ちなみにこのビザを取るのに、1000バーツと2日間かかった。苦労して取ったのに!
せめてタイのビザ延長だけでもしたい。一日二人で1000バーツはヤバい。
ここはゴールデントライアングル。ラオスに逃げ込むか。
ふと見ると、さっきミャンマーへのゲートを入っていったインド人らしき男が
もう戻ってくるところが見えた。
話しかけてみると、やはりタイのビザ延長ためだけにミャンマーに入ってきたらしい。
彼の助言を聞き、もう一度トライすることにした。
拳に20米ドル札を握りしめて。

まず、もう一度強気に、ミャンマービザを使わないから入れてくれと再度頼んでみる。
さっきから何度も頼んでいるが......タイのビザを延長したいだけなのだ、と。
するとクドかったのが効いたのか、なにやら係員どうしで少しモメた後、
なんとハンコを押してくれた! どういうことか全く分からん...。
まぁ20ドルも使わずにすんだし、次はミャンマー側だ。

ミャンマー側は、どこへ行くのかと優しく聞いてきた。
タチレイからマンダレに行きたいとつげると
「残念ながらそれはできない」と言われた。 なにー!
このルートはネットでも調べて、行けることは確かなはずだった。
「この10月から変わった。何も公表していないから外国人、けっこう怒っちゃったね」
なんと。もし本当なら、これは最新情報だ。
ヤンゴンやマンダレなど主要都市は、チェンマイから飛行機で行ってくれという。
せめて、ここから行けるところは?と聞くと、チャイントンとモンラーという二都市だけ。
しかもパスポートを預けさせられ、新しくミャンマー専用のパスポートをつくらされた。
ここのイミグレに必ず戻って来ないといけないということだ。

こうして不思議の国、ミャンマーに何とか入国することはできた。
僕らは、紙切れのようなミャンマー専用パスポートを持って、
とりあえずチャイントンという町にバスで行ってみることにしたのだった。

(リョウスケ)



   
   
 


僕らのミャンマー旅行はメーファさんと出会わなければ、楽しさは半減していただろう。
メーファさんはお母さん。二人の子連れの旅行者である。
いつもおしゃれに美しく、凛とした佇まいで、
たまに二人のこどもを目で殺して言う事をきかせる強き母であるが、
僕らの前では少女のように舌を出して笑う。

メーファさんとは、チャイントンへ行くバスの中が同じだった。
タイとの国境の町、タチレイからバスに乗って延々と山の中を走り、
夜になってやっとたどり着いたチャイントンの駅はただの真っ暗な道バタ。
英語も通じないバイタクに戸惑っている僕らを、
ミャンマー語とタイ語と中国語を操る彼女が助けてくれた。
彼女もまた旅行中で、お互い初のチャイントンで一緒に宿を探し、 同じ宿に決めた。

明くる日、みんなで中国との国境の町、モンラーへ行くことにした。
僕らもモンラーまでは行くことが許可されている。
ところが、ミャンマーのここらの町を、外国人が移動するのは非常にめんどくさい。
例の簡易パスポートを宿に預け、宿の人はそれをイミグレーションオフィスまで届ける。
次の町へ行く場合、自力でオフィスまで取りにいかなければならない。
そんな状況すら知らなかった僕らのために、メーファさんは手配を手伝ってくれたのだ。

小型トラックの荷台にメーファさんの二人のこどもと立ちながら、モンラーの町へ向かう。
ミャンマーの山道は悪路だが、まるで日本の田舎道のようで心が和む。
タイの学校に通っている二人のこどもたちもまた、中国語を話すことができ、
タイ語の分からない僕らには、中国語で話してくれる。
あれだけ中国を旅したから、僕らも中国語なら雰囲気はつかめ...た。

やがて着いたモンラーの町は、そのまま中国だった!
ここまで奇妙な町は初めてだ。
言語はもちろん中国語、お金も中国元しか使えず、料理も中国。
メーファさんの話によると、ここはミャンマーでもあり、中国でもあるらしい。
もう少し歴史を勉強しなければならないが、
今この目で見て分かることは、この町は中国以外のなにものでもない。
夜になると、今までホッタテ小屋だと思っていた建物が、カジノと化し
メシ屋だと思っていた店がピンク色の明かりを灯し始め、オネーさんたちが誘う。

こんな不思議な夜の町を、メーファさんは小学生の二人のこどもを連れてどんどん歩く。
パゴダ(寺)を見て、マーケットを見て、メシを食い、カジノも見る。
母でありながら、我が道を自由に強く歩いていくメーファさん。
その姿はカッコいいものがあった。
遠い学校に行き、親と離れて暮らしている二人のこどもたちは、
お母さんと一緒にいられるだけでうれしそう。
メーファ親子とミャンマーを旅することができて、本当に楽しかった!

僕らがいるため、移動するたびにあるイミグレでの手配を、イヤな顔一つせず助けてくれ、
ペロっと舌を出してはにかむメーファさん。
そんな彼女に、僕らは心から感謝したい。

(リョウスケ)

 



タイの少数民族と言ったらやはり首長族!
TVで初めて見たときから一度見てみたいと思っていました。
ミャンマーのインレー湖辺りでも見れるとのことでしたが、
トラブル発生で、私たちはインレー湖の周辺には行けず半分諦めていました。
しかし、タチレイにも首長族がいると聞き、これはチャンスだ!と思い、
メーファ親子と5人で行きました。

首長族に会える!と胸を躍らせながら、トゥクトゥクに乗っていると、
向かう先はなぜかゴルフ場。どうしてゴルフ場に入って行くの??
おかしいなぁと思いながら見渡すと....発見!
なんと、ゴルフ場の敷地内に首長族の村があるのです!
うわ〜...それだけで、かなり期待はずれ...メーファさんも同じく苦笑。
中はどうだと思い、気を取り直して入ると、綺麗に塗装された道にお土産屋。
スプライトを飲む首長族... あ〜、私の描いていた首長族と違う!
ショーを見せてくれるというので、もう一度気を取り直して会場へ行くと、
会場と言える規模の会場ではなく、ただの休憩所。
そこの真ん中にある舞台で3種類の民族が踊ってくれたのですが、まるで学芸会...
ダルそうに踊る民族たち...。

首長族は、観光客相手に商売をしていかないと、自分たちだけで生計を立てていくのは困難らしく、
タイやミャンマーの国境周辺でこのように名物としてお金を稼いでいるのが現実。
なんか、悲しいような気もしますが...
文明と伝統。伝統だけを守りきっていくのはどうも難しいことのようです。

私たちはなんだか良く分からない気持ちで、ゴルフ場を後にしたのでした...。

(リエ)





旅の日記 | ROUTE | VIEW | PEOPLE | キムラ夫婦 | MEMO | リンク集 | ゲストBOOK  to TOP  
copyright: kimurafufu.com 2006