ゲストBOOK

 

ギリシャ





イスタンブールでは思わぬ時間を過ごしてしまった。
これからヨーロッパに入るにあたっての情報集めや、
次なる目的地への安い航空券を探しまくるのに大忙しだったのだ。
インターネットで航空券探しまくりの日々を終え、予約し、
インターネットで航空券を買ったのは初めてだったので、
わからんところを何度も各航空会社に電話で質問しまくった。
こんなプリントアウトが航空券らしい。
もういいや!もうこれで完璧だ!
これでこの先2ヶ月後くらいの予定ができてしまったぜ...。
これからは物価の高い国々。
予定を立てないと、とんでもないことになってしまう。
これまでの行き当たりばったりの旅では、ちょっと難しいのがちょっと寂しい。

ついに僕らは仕事を終え、朝10時、
イスタンブールから24時間かけてアテネに向かうバスに乗りこんだ。
ついにこれからヨーロッパ入りなのだ。
トルコの春のうららかな田舎道をバスは走り抜け、
僕らは、久しぶりに何も考えない時間を過ごしたのだった。

アテネには翌朝4時に着いた。
24時間じゃなくて18時間で着いた。
で、どうしよう。ここはどこだ?
僕らの予定では、今日の夜発のサントリーニ島へのフェリーチケットをゲットし、
フェリーが出るまで、アテネ市内をブラブラしたいと思っている。
とりあえずここは列車の駅に近かったので、列車の駅まで歩き、
しばらく駅のベンチで休んで時間をつぶした後、メトロ(地下鉄)を発見したので、
メトロに乗ってシンタグマという中心地に向かった。

シンタグマにフェリーのオフィスはないだろうか。
といってもこの時間ではまだ開いていないだろう。
しかたがないので、広場のベンチでボケーとする。眠たい...ベンチに横になる。
これじゃ、浮浪者じゃんか...。
しばらくして、今日はインフォメーションオフィスが休みだということに気がついた。
途方に暮れたが、よく考えれば、港に行けばフェリーのチケットくらい売っているだろう
ということに気がつき、またメトロに乗って港町のピレウスに向かった。

ピレウスの駅はオシャレできれいな駅だった。
というか、しだいに現れはじめたギリシア人たちも、
みんなコギレイな格好をしていて、コギタナイ僕らは情けなくなる。
ここはヨーロッパなのだ、ということに改めて気付く。
しかも美人がやけに多い。さすが美と神話の国なのだ。

港町ピレウスでは、予想通り多くのフェリー会社があり簡単にチケットは買えた。
予想外だったのは、15時発だということ。あと6時間しかない。
オフィスに荷物を預けて、きれいな服に着替え、カメラを持って
またメトロに乗り、パルテノン神殿のあるアクロポリス駅に向かう。
なんか、駅の名前がアクロポリスとかエヴァンゲリスモスとか、
必殺技の名前やロボットの名前っぽくてちょっとカッコいいぜ。

しかし!

アクロポリス駅で降り、さぁ行くぞ!という時になったまさにその時、
予想もしなかった思わぬ事態が発生してしまった。
駅を降りたとたん、いきなり、カメラがウンともスンともいわなくなったのだ!
原因不明...。バッテリーは満タンのはず....マジで...!?ウソだろ...!?
必殺技の名前とか言ってる場合じゃない...どうすっぺか??

(リョウスケ)



   
   
 


出港時間5分前。重たいバックパックを背中に担ぎながら猛ダッシュ。
港にいるおじさんたちが「急げ!急げ!」と言ってくる....
額から流れる大量の汗。なんとか、間に合った!

アテネで思わぬことが起きました。
エジプトでカメラが壊れ、カイロで新しいカメラを買ったばかりだったのですが、
そのカメラが突然壊れたのです。使用期間たった2ヶ月....
修理に出すために2日間アテネに滞在し、復活を待つも、結果修理できず。
部品を日本から取り寄せるのに10〜15日必要だと言うのです。
今までだったら、余裕で待っていたでしょう。
しかし、今回の状況は違っていました。
物価の高いヨーロッパで、修理のためだけに長期間待つというのは、
お財布が苦しいのです....
また、私たちは5月末にドイツを出るエアーチケットを持っていたため、
待てる時間がありませんでした。
せっかく、今からサントリーニ島へ行くというのにカメラがないなんて!
船が出港する時刻まであと1時間。
カメラを買うか、買わまいかを今決めないといけない.....
悩んだ末、エジプトで買ったカメラと同じカメラを購入。
どうか、もう壊れませんように!!!
その新しいカメラを抱え、港へ大急ぎで向かったのでした。

アテネからサントリーニ島までフェリーで約15時間。夜行船です。
昨日の夜、船の中で会ったギリシア人の男の人が、
サントリーニは車でまわるといいよと教えてくれました。

島に着き、早速私たちはレンタカーを借りてサントリーニ島をまわることに。
ブルーのヒュンダイの車が私たちの前に現れました。
左ハンドル、マニュアル車。
旅に出る前にマニュアルの免許を取ったのだけど、さっぱり覚えていない....
どれがブレーキだっけ?なんでペダルが三つもあるんだろう??
こんな私が運転しては危ないので、運転はすべてリョウスケに任せ、
私はナビ係をすることにしました。
道路に出ると、「プップー!!!」
真っ正面から向かってくる車のクラクションの音。
そうだった!この国は右車線だ!
急いで右に寄り、慣れない左ハンドルでのドライブが始まりました。

窓を開け、気持ちよい風を受けながら
フィラという島の中心部まで向かったあと、イラという島の先端部を目指しました。
階段状に並ぶ眩しいくらいに白い壁の家々、青い窓、そして教会。
訪れた時期がよかったのか、花がいっぱい咲いていてさらに色鮮やか。
ただ、歩いているだけで幸せな気分!
カメラ買ってよかった!
観光客はヨーロッパ人のおじいちゃん、おばあちゃんが多いのですが、
ここは、新婚旅行にぴったりの場所。
かわいらしい白色のホテルに泊まり、海を眺めながらゆったりと過ごす。
これが、ここでの過ごし方って感じ。
本来の予定ならば、ここで1泊して私たちもそう過ごすはずだったのだけど、
なにせカメラのせいでアテネで2日も過ごしてしまった私たちは
ここで泊まる時間もお金の余裕もなく、夕方のフェリーに乗って島を去ったのでした。
今日でフェリー2泊目。そろそろホテルに泊まりたいな....
でも、長くて気持ちよくて、最高の一日だった!必ずもう一度来たい!

(リエ)

 



早朝、サントリーニからのフェリーを降り、
僕らはアテネから列車チケットを買い、港町のパトラへ向かう。
列車は素晴らしくきれいなエメラルドグリーンの海を沿って走った。
パトラからフェリーに乗って一泊、コルフ島へ向かった。これでフェリー3泊目だ。
このフェリーにシャワールームがあったのがスゴく助かった。

しかし、見たこともないきれいな世界というのはこのことをいうのだろうか!!
コルフの港に着いた時は、サントリーニ島が素晴らしすぎたのもあってか、
「なんだコルフ、こんなもんか」とつい思ってしまったが、
バスでシダリという町まで来た時には、
そんな思いも、フェリー泊の疲れも全て吹き飛んだ。
美しすぎる!!なんだこれは!!
海と海岸線が美しすぎるのだ!こんなきれいな海、見たことない!!
ここ以上のサイコーのリゾート地がこの世にあるだろうか!
海が、海ってこんな色なのかというほどのエメラルドグリーンの海が
どこまでも続く。
そこに独特のカーブがかった地形の岩が眩しく光る。
岩が窪んだところは、まるで隠れ家のようなビーチになっている。
青すぎる空。
こんなにきれいなところなのに、あまりいない人。
いても上品なヨーロピアン。
ヨーロピアンは、すぐ前にこんなきれいな海があるのに
あえてホテルのプールで上品に遊ぶ。
この素晴らしい海は、彼らにとっては、あくまでバックの景色なのだ。
なんて贅沢な。
いや、とてつもなく優雅ではないか。
そういえば、サントリーニでもほとんど人がいなかったが、
これはただ単にラッキーだっただけのようだ。
夏はあふれかえるような人、人、人になるという。
ここ、コルフ島もおそらくそうだろう。
とにかく、いま僕らはこの美しい世界をほとんど独り占めにできる!
イスタンブールできれいなTシャツ買っといてよかった〜!
僕らはバックパッカーだということを忘れ、
新婚旅行だということを思い出し、うきゃきゃとはしゃいだ。

海岸から、品のいいペダルボートに乗って
美しい海を優雅に渡り歩くこともできる。
奇妙で美しい岩の地形を海側から見ると、洞窟や小さなミニビーチも発見する。
二人だけのビーチだぜ!
僕は、今もし誰かに新婚旅行はどこがいいかなと相談されたら、
迷わず、サントリーニとここコルフ島を含めたギリシアの島々と答えるだろう。
しかも人の少ない5月初めがいい。
エーゲ海はマジで世界最高に本当に素晴らしい!

品のいいペダルボートを品よく返すと、一時間10ユーロなのに
40分で5ユーロにまけてくれた。ありがとおっちゃん!
僕らはすでに、今日の夜発のイタリアのバーリ行きフェリーの切符を持っているので
港町に戻る。
フェリーを待つ間、レストランでスパゲティひとつとイカのフライ一皿とサラダを頼み、
一皿ずつを二人で分けて食べた。久しぶりの海の幸はなかなかウマい。
店のおっちゃんと話すと、日本人はほとんどこの島では見ないそうだ。
どこかの店でも、日本人を初めて見たと言われた。
確かにアテネからは行きにくい場所なので、ほとんどはヨーロッパからの観光客らしい。
久しぶりにおいしい食事を終わり、お代を払うと25ユーロだった。こんなもんだろ。
って25ユーロ?!4000円以上だ!インドの定食100食分だ!やってしまった!
スパゲティ半分こしたけどダメだったか!
やはりユーロは今、とてつもなく想像以上に恐ろしく高い。
そうだ、僕らはバックパッカーだったのだ...思い出した...!
これから、気を付けねばスッカラカンになってしまうぞ...!

でも、本当に来てよかったコルフ島。
あの素晴らしい海は一生忘れることはできない。
サントリーにも含めて、ギリシアの島はサイコーだぜ。

(リョウスケ)





旅の日記 | ROUTE | VIEW | PEOPLE | キムラ夫婦 | MEMO | リンク集 | ゲストBOOK  to TOP  
copyright: kimurafufu.com 2006