ゲストBOOK

 

ドイツ





プラハから出発したバスは、国境を越えてドイツに入国した。
古い町並みの多い、近代的な印象のないプラハの町並みとは一気に変わり
オーストリアに戻ったような感じだ。また品も漂いはじめたぞ。

ドレスデン中央駅前でバスを降りる。
僕らは明日の朝一発の飛行機に乗るため、今日一日だけドレスデンをブラブラし、
そのまま空港へ行く予定。空港へはこの駅から電車1本で行けるようだ。
さっそくコインロッカーに荷物を預け、街へ繰り出す。
といっても、エルベ川のフィレンツェと呼ばれるこの街も、
本物のフィレンツェへ行ってきた僕らにとっては「なるほどね〜」で終わってしまった。
ヨーロッパの街並みに飽きてしまってきているのだろうか。

それよりも興味があったのは「H&M」というチェーンの服屋。
トルコ辺り出現し始めたそれは、イタリアではどの街へ行ってもあり、
オーストリアのウィーンに至っては、何百メートルごとにあるんじゃないかというほど。
この店の何がスゴいと言うと、まず安い。
そして次に、何でもそろう。
ちょっと遊びに行く用、ビーチ用、仕事用、小物...とにかくここで全てがそろう。
日本のユニクロみたいなものなのだが、種類はさらにスゴい気がする。
もしかして、僕らが知らないだけで「H&M」は日本にもあるのだろうか??

旅が始まってから10ヶ月以上が経とうとしている。
高価な服を持っていても仕方がないが、
ずっと同じメニューの少ない服で過ごしている僕らにとって、
こういう店はうれしい。
この店に入ると、あれがほしい、これがほしいとなってしまうのだ。
ヨーロッパの人たちはこの店で大量に買って行く。
そういえば、ウィーンでもそうだったが、
街を歩く人々はみんなスゴくこぎれいにしているが、
いわゆるブランドものを身につけている人はほとんどいないようにみえる。
こちらでは安いノーブランドのものを大量に買って、
オシャレを楽しむ人が多いのかもしれない。

僕ら旅人は、ノーブランドのものでもかなり迷って買う。
一つはもちろん節約だが、もう一つは荷物が増えた分、バックパックが重くなるからだ。
基本的に、荷物は軽ければ軽いほど、旅は安全に楽しくなる。
迷った末、リエは服をいくつか買った。

ドレスデンの街をまたブラブラ歩いていると、ソーセージ屋の屋台があった。
おいしそうなニオイが漂ってくる。そうだ、この国はソーセージが有名じゃん!
ということで、さっきパンを食べたばかりだったが1本食べてみることにした。
これがかなりウマい!
イタリアの時もそう思ったが、発祥の地で食べるものにはハズレが無い。
パン屋のパンもそうとうウマい。ジャーマンベーカリーっていうくらいだ。

たった数時間ではあったが、僕らはドイツを堪能し、
空港に向かったのだった。今日は空港泊だ...!

(リョウスケ)

 

   
   
 
メキシコからの長いフライト、僕らの体内時計は深夜1時。
でもドイツに着いたら朝の8時!時差ボケはつらい。
今日さらに、ドイツ時間の夜10時半からエチオピアまでの長いフライトが待っている。
価格優先で無理なフライトを選んでしまったな...。
でもせっかくミュンヘンにいるので、
この旅ではおそらく最後のヨーロッパを数時間だけど見ておくことにした。
寝不足でフラフラしながらも大通りを歩く。
やっぱりきれいな街並、多すぎない人、高すぎない建物、
そして高すぎる物価...ヨーロッパだ!
立派な新市庁舍まで歩いた後、そういえばドイツにいるのに
ビールを飲むのを忘れていたのを思い出して、昼メシがてらレストランに入る。
寝不足で疲れている上での真っ昼間のビールは、そうとうキいた。
しかも僕は弱い。フラフラだ...。
でもドイツでは、ビールはいつでもコーラより安い。全く世界はオモシロい。

さらにフラフラになりながらも僕らはまた歩き出し、大通りを抜けて川を超え、
「ドイツ博物館」というところにやって来た。
博物館なんて来る予定は全くなかった。
でもドイツの博物館ってどんなんだろう?と興味をおぼえたのだ。
けっこうボリュームのある博物館だった。
ドイツ産業を中心にに焦点を当てた博物館で、中には何十もの実寸大の航空機の模型が
ところ狭しと並んでいたり、船が丸ごと入っていたり...
僕らの持っていた時間内ではとても回りきれないボリューム。
いかにして巨大な鉄橋を架けるかなども、ドイツ語は全く読めない僕らでもわかるよう、
緻密で大きな模型で丁寧につくられていて、さらに簡単なブロックで
「自分で組んで」理解できるようになっていた。
まさにこどもから大人まで楽しめる博物館だ。

航空機のフロアには、あのライト兄弟のつくった実寸大の模型もあった。
スゴい...
こんなもので空を飛んでみようと思ったのだ。
小さな頃、マンガの伝記か何かでライト兄弟のことを読んだことはあったが、
実際につくられたものを模型とはいえ、この目で見てみるとかなりビックリする。
足のペダルを動かすと、後ろの尾翼が左右する。
手に来るペダルを動かすと翼が動く。
飛行機や物理学について全く知識がない僕でも、かなり感動した。
それにしても、着陸のことは考えたのだろうか。
軽量化のため、骨組みと布しかない「飛行機」のコクピットはむき出しだ。
骨折やケガ、しかもかなりの大ケガも絶えなかったんだろうと容易に想像がつく。
初代のものを見ていると、そのクレイジーなまでの
「空への憧れ」を感じる。
だって危なくて仕方がない!
もし落ちたら...なんて考えていなかったように見える。
でも、それでも、ケガをした先輩を見つつも、
実験を重ねたんだと思う。何回も何回も実験したのだと思う。
ロマンを感じた。
彼らがいたからこそ、僕らはジャンボジェットで移動できるのだ。

このフロアには、ライト兄弟の飛行機だけでなく
その他の人が考案していったハングライダーのようなものや飛行船のようなものから、
ジャンボジェットの一部、ジェット機、ヘリコプター...と
「人がいかにして空を飛ぶようになっていったか」がわかるように
そのほとんどが実寸大の姿で、実際のもののように展示してある。
ジャンボジェットのコクピットを見て、
今僕らが当たり前のように乗っている飛行機のコクピットでは、
とんでもないことが行われているんだな、と気付いた。
SFの世界のようなスイッチや計器類の数!これらを全て覚えるのか!
やっぱり「百聞は一見に如かず」...見ると、スゴさが伝わる。

博物館をあとにして、僕らは早々と空港に戻った。
フライトチェックインは7時半、もう戻らねば。
さらば美しいヨーロッパ!必ず旅の続きをしに戻る!
その時までにはユーロがもう少し安くなっていて欲しい。
空港から市内へ出て、ちょっとメシ食って、ちょっと博物館行っただけで
二人で100ユーロ、キレイに使ったことに驚きつつ、
ライト兄弟に合掌した後、飛行機に乗り込んだのだった。

(リョウスケ)
 




旅の日記 | ROUTE | VIEW | PEOPLE | キムラ夫婦 | MEMO | リンク集 | ゲストBOOK  to TOP  
copyright: kimurafufu.com 2006